>

たくさん水を使っても大丈夫

手や顔を洗ったり、洗濯をしたりとたくさんの水を洗面所で使います。
風通しを良くしていないと、湿気が溜まってカビが発生するので注意してください。
窓を開けて、換気するのが良い方法です。
すると空気が入れ替わって、洗面所内を乾燥させることができます。
天気の良い日は、常に窓を開けてください。

これまで洗面所の窓をあまり開けたことがなかったので、網戸がついていない住宅も見られます。
その際は、まず網戸をつけましょう。
網戸がついていないと、虫が室内に侵入してしまいます。
朝に窓を開けて、夕方に締めれば十分室内が乾きます。
ずっと開けっ放しになっていると、防犯上の問題もあります。
閉め忘れることがないように意識しましょう。

お風呂のドアを閉めよう

お風呂と洗面所が、繋がっている間取りの住宅が多いです。
お風呂のドアを開けっぱなしにしていると、湿った空気が洗面所まで届きます。
それが湿気の原因になるので、お風呂のドアはいつも閉めてください。
カビが発生すると、体内に侵入する恐れがあります。
恐ろしい病気に発展するので、カビを発生させないよう普段からこまめに換気してください。

窓の手前に洗濯機などの家電があると、窓を開けにくくなります。
すると、開けるのが面倒になるでしょう。
必要であれば洗面所の模様替えもしてください。
窓をスムーズに開けられるような置き方にすれば、開けて換気することを日課にできます。
自分1人で家電を動かすことができない時は、家族に手伝ってもらいましょう。


洗面所をいつも綺麗にする

この記事をシェアする