カビが発生しないように対策しよう

洗面所の湿気を簡単に除去する方法

乾燥させることを心がけよう

湿気がこもっていると感じたら、洗面所の窓を開けてください。
風通しが良くなると室内を乾燥させることができます。
湿気を、放置してはいけません。
そのままにしていると、カビが発生する原因になります。
見た目が悪くなる他に、体内にカビが侵入するかもしれません。
すると大きな病気を発症するので、必ず窓を開けて換気することを意識しましょう。
湿気がこもっていないと感じても、天気が良い日は窓を開けた方が良いです。
するとカビの予防になります。

雨の日が続いて、窓を開けられない日があると思います。
そんな時は換気扇を使ってください。
洗面所の換気扇を回していれば、湿気を回避できます。
換気扇を回す時は、ドアを全て閉めてください。
空間を狭くすることで、短時間で湿気を完全に除去できます。
湿気がかなり気になる場合は、24時間ほど換気扇をつけっぱなしにすると良いでしょう。
住宅によって、洗面所に換気扇が備わっていないかもしれません。
その場合は、乾燥器の購入をおすすめします。

除湿器を購入しても良いでしょう。
自動で空気中の湿気を吸い取ってくれるので、室内を乾燥させることができます。
湿気が溜まっていればそれだけ除湿器に水が溜まるので、こまめに取り換えてください。
水がいっぱいになっている時は、除湿器が正しく作動しません。
除湿器を設置するだけで、満足しないでください。
こまめに水を捨てて、洗面所を乾燥させましょう。
吸収した水はトイレに流してください。

洗面所をいつも綺麗にする

洗面所を、常に乾燥させることを意識してください。 何も対策をしていないと、湿気が溜まってカビが発生します。 窓を開けることは、湿気の対策に繋がります。 天気の良い日は、洗面所の窓を開けて換気してください。 カビが発生すると、体内に侵入することもあると覚えておきましょう。

窓を開けられない状態の時

梅雨の時期は特に湿気が溜まりやすいですし、窓も開けられないので困ります。 換気扇が備わっているなら、回してください。 それでも、窓を開けた時と同じような効果を得られます。 洗面所に換気扇が備わっていない住宅は、乾燥機を購入してください。 必要な家電を買って、湿気対策に臨みましょう。

除湿器を購入して使おう

室内を乾燥させることも重要ですが、洗面所内から湿気を取ることも忘れないでください。 そのために、除湿器を使いましょう。 使っていれば除湿器の中に水が溜まるので、こまめに捨ててください。 水が満杯になっていると、正しく作動しないので湿気対策になりません。